中村好江

中村好江     Yoshie Nakamura

 

鈴鹿市生まれ。玉垣小学校金管バンドにて、9歳でトランペットをはじめる。以来、数々のコンクールにて優勝。

中学一年時にJAZZ発祥地ニューオーリンズで出逢ったトラディショナルジャズの虜に。同時期から地元ショーバンド のラテンバンド "Maria Elena" 、エヂソンデキシーバンドにて全国各地、国内外演奏活動をまわる。


 12歳の頃よりアメリカ、ジャマイカ、キューバ、タヒチ、オーストラリア、アジア、ヨーロッパなどで様々な本場の音楽に接し異文化を学び、体験する。

18歳で単身 N.Y. のハーレムに行き、世界的に有名なトランペッター、 Lew Solff と Jon Faddis に師事。

19歳のときに以前から親交のあったジャズ界の大御所、故・松本英彦氏の勧めで銀座ヤマハホールの公演をかわきりに、以後精力的にソロ活動を展開中。その活動は数々の新聞にも取り上げられテレビにも多数出演。

東海NHK"オアシス21"オープニング記念番組特集に「中村好江トーク&ライブ」を1時間生放送にて出演。TVでは国民健康保険CM、JR伊勢鉄道CM等。


 地元鈴鹿では、教育委員会•夢工房より専任講師としてこども達とのふれあい講演10年以上。又、鈴鹿市におけるキャッチコピーや文化のまちづくりなどの委員も務める。中嶋悟氏などもつとめる鈴鹿シティセールス特命大使として鈴鹿と•き•め•き カルチャー大使として活動。

 

ライブ、イベント、音楽鑑賞、奉納演奏、神社コンサート、福祉協議会、人権文化センター、人権博物館、森の皮むき間伐、生物多様性等の環境イベントへの講演•演奏などでも活動。2010年秋にはパリのアートフェスティバル出演、2013年には日本大使館主催にて国交10周年として東ティモールへ演奏。近年毎春ニューオーリンズを往来。
 ソロ、自身のバンドの中村好江わくわくHOT6をはじめ、東海地方、関西、東京などを中心に全国各地で勢力的に活動。温かい音色と、持ち前の底抜けの明るさと元気良さで、幅広い年齢層から人気を得ている。

2012年12月19日に全国発売された待望の1stアルバム『Wonderful Days』をリリース。日本でニューオリンズジャズスタイルの女性トランペッターとして注目を浴びている。

 
大切にしていることは、すべての出会いの瞬間。
敬愛するルイ・アームストロングのように、すべてのものに愛と温もりとハッピーを伝えるトランぺッターを志し、この瞬間に生きる自分が出来ること、可能性を無限にする音楽、
トランペットを通じて、人々と楽しく、幸せな瞬間をより多く刻むことによって世界平和を願い、生活に寄り添う音楽と共に 今日 という味わい深い日を楽しみきる音を紡ぎ、わくわくする笑顔を世界中へ繋げていきたいと願う。